2005年08月28日

NFL TOKYO 2005 - 4

 FALCONS側のゴールポストのところに何かが運ばれてきた。エアーが送られているらしく、ドンドン膨らんできた。・・・分かった、大きなヘルメットだ。フィールドに向かってドーンと構えていて中が通れるようになっている。フィールド側にはチアリーダーが並んだ。そーか、ここから入場してくるのだ。来た、来た、来た、来た。一人づつ飛び込んで来た。スタンドも派手に迎える。いよいよだ。予定通り18時キックオフだ。・・・アメフトのキックオフは、ディフェンス(守備)側のキッカーがオフェンス(攻撃)側の陣地にボールを蹴り込む。このボールをオフェンスのリターナーがキャッチして少しでも陣地を挽回すべく突進する。ディフェンスはキッキングチーム、オフェンスはレシービングチーム、これらはキックに絡んだプレーを行うスペシャルチームで、それぞれ11人だ。キッキングチームはキック後リターナーの突進を潰すべくリターナーに殺到する。一方、レシービングチームはそうはさせじとリターナーの周りに集まりガードする。激突だ。想像以上の迫力だ。この激突でリターナーがキッキングチームに止められた地点からオフェンスの攻撃シリーズが開始されるのだ。キッキングチーム、レシービングチーム共に役目は終わりだ。
(つづく)
08060018.JPG
posted by その時武蔵は少し慌てた at 01:17| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

NFL TOKYO 2005 - 3

 ここでアメフトの歴史を!!(聞きかじり)。・・・元々はサッカー。そのサッカーのルーツは原始時代の『頭蓋骨蹴り遊び』だとか。コワッ。頭蓋骨はいつしかボールに変わり、その後イギリスでサッカーサッカーのルールが確立された。あるとき、イギリスのエリス少年がサッカーの試合中に突然ボールを持って走り出した。そこからラグビーが生まれる。それがアメリカに渡り、『アメリカ式ラグビー』となる。これがアメフトの始まり。だが、その試合は実に乱暴で、ボールを持った選手をエンドゾーンに投込むというようなプレーまで行われ、怪我人は続出するし、挙句の果ては死者まで出る始末。ついには大統領がフットボール禁止令を出そうかという事態に発展。これではイカンと防具の着用を義務付け、更に『スクリメージライン』というラインを示し、これを境に攻守を明確に分けた。また、一回一回のプレーを区切り、攻撃の回数を定める『ダウン制』(野球野球で言えばアウト)がルールに取入れられた。その後防具の改良等が重ねられ現在に至っている。・・・らしい!
(つづく)
posted by その時武蔵は少し慌てた at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

NFL TOKYO 2005 - 2

 東京ドームに着いた、16時過ぎだった。開場は15時だから、もういつでも入れる。一応ワクワクする。久しぶりなのでドームをバックに記念撮影・・・と思ったけどそれはやめてすぐに入場した。前回のドームは確か『日ハム』vs『西武』、日ハムの応援団に囲まれていた記憶がある。今日は全く雰囲気が違う。フィールドは四隅がフェンスギリギリだ。広い。ラインの外側は『アウト オブ バウンズ』、ゴルフだ?。手前バックネット側がFALCONS、そしてバックスクリーン側がCOLTSだ。フィールドには大勢の選手が出てパスやキックやランニングで体を慣らしている。ゲーム開始まで1時間に迫った。両チームの防具を着けた選手がパラパラと現れる。次々に現れる。続けて現れる。ドンドン現れる。一体何人いるのだ(後で聞いたら1チーム99人までらしい)。それにしても大勢だ。アッ、いつの間にかチアリーダー達があちこちにいる。だんだん華やかに成ってきた。場内のモニタの映像も派手だ。サウンドもすごい。スタンドも結構ノリノリだ。キックオフは18時、もうすぐだ。
(つづく)
posted by その時武蔵は少し慌てた at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

NFL TOKYO 2005

 NFL TOKYO 2005(INDIANAPOLIS COLTS vs ATRANTA FALCONS)を東京ドームで観戦した。アメフトというスポーツがある事は知っていた。でもどんなスポーツなのか全くと言ってよいほど知らなかった。今回ヒョンなことからチケットが手元に届いた。観るからにはゲームの目的やルールぐらいは知らなくては・・・と思い、『すぐ分かるアメフト、ルールと試合』¥1,260.-という本を購入した。俄仕込みだがある程度の予備知識は仕入れた。これで良し、いざ!ドームへ!!(つづく)
posted by その時武蔵は少し慌てた at 17:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

金箔

 先日金箔入りの酒(もちろん日本酒)を飲んだ。銀は毒らしいが金は大丈夫?。でも、金箔といっても実際には銀が4割くらい混合されているものもあるらしい(14金)。銅だって入っている場合がある。日本酒に入っている金箔には銀や銅が入っているのだろうか??。そもそも、冒頭で銀は毒・・・なんて言ったけど、ホンとに毒?・・その前に日本酒に入っている金箔はホンとに金??・・あ〜だんだん分からなくなってきた。そ〜言えば、この前テレビで金箔入りのコーヒーを見た。いやいや、そんなことより、日本酒と一緒に胃袋に流し込んだ金箔はどこに落ち着くの??
金髪ひらめき・・・まさか!!
posted by その時武蔵は少し慌てた at 16:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

中央線

 昨夜中央線が止まった。実は今夜もかなり遅れていた。別に驚くようなことではない。しかし、いつもより1時間も余計に掛かったとなるとブツブツも言いたくなる。止まった電車には乗客が乗っている。いったい何人ぐらいの人が影響を受けたと思っているのだ。今は駅以外のところには電車を止めないようにしていると聞く。半信半疑ながらこれを信じたとして、中央線の24駅にすべて電車が止まったとすれば240輌。大規模駅では複数編成が入れるからその分を上乗せして約300輌。一輌あたり何人かは分からないが、とりあえず200人としてもざっと6万人さらにホームにも同じくらいの人が居るとして12万人。ニュースを知って初めから駅に行かなかった人が3000人。逆にニュースを知ってわざわざ駅に行った人。なんとなくその人についていって駅に来てしまった人???(こんな人いるかな?)。ニュースを見て早々と帰宅をあきらめて宿泊の手配をした後ネオン街に繰り出した人。この人は延べ人数2人としてカウントすべきか。更に当然のことながら家族、隣人、知人にも何がしかの影響は及ぶ。主人の帰りを待っている柴犬のケン太をはじめ、猫、インコ、亀、トカゲ、ハムスター、・・・数え上げたらきりが無い。・・・何の話だっけ?/
ところで!!
首都圏のJR電車が止まった時、これを動かすのは田端の指令所らしいと聞いた。勿論人間が状況を判断して個々の電車に指示を出しているのだと思う。そうなるとやはり近場から対応することになってしまう。中央線も東京の中心部 (この場合は田端) から離れるほど印象は薄くなる。吉祥寺、三鷹あたりはともかく、立川、八王子ともなるとほとんど蚊帳の外。ましてや相模湖、猿橋、大月など論外。その存在自体を忘れられている可能性だってあながち否定できない。これからも何かあるたびに延々と待たされるのだ。
ヤレヤレ!!
posted by その時武蔵は少し慌てた at 23:11| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

静粛

 7日(土曜日)、本社事務所で防音サッシ工事が行われた。本日(9日)から騒音に悩まされずに済む。なんと快適なことか。なにしろ以前は電話で相手の声が聞き取れないような状態だった。特に朝夕のラッシュ時の中央線といったら、どこにこんなに沢山の車両があったのかと聞きたくなるくらい引っ切り無しに騒音を撒き散らしているのだから。電車・・・工事が終わってサッシが二重になったと言うことは、防音効果に併せて断熱効果もグッと向上している筈。電気料金の節約も出きるに違いない。わーい(嬉しい顔)
posted by その時武蔵は少し慌てた at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

日光は結構でした

 日光は通算して4回目になります。初回は確か小学校の修学旅行だったと記憶していますので、すでに歴史上の出来事として記録に残るのみです。2回目は7〜8年前、3回目は昨年の当社の旅行です。そして今回は家族旅行として行って参りました。ゴールデンウィークに国際観光地『日光』に車で出かけるとは、無謀な計画、命知らずの暴挙、その他様々なご批判を覚悟してのプランでありました。・・・が、行ってビックリ玉手箱。29日の東北自動車道、羽生付近での渋滞にはハマリましたが、後はどこでもス〜イスイ。絶対に駐車場状態に決まっていると覚悟していた『イロハ坂』、これがなんと離島の滑走路。見える範囲に障害物無し。時々野生のサルが散策中。所々に残雪。。。家族そろって拍子抜け!!。・・・《結論》日光、中禅寺湖の紅葉は誰もが認める自然の芸術!・・でも春は?? 《おまけ》東照宮近くの明治の館別館『遊晏山房』。ランチコースの「オムライス」は絶品でした。宇都宮の焼餃子、水餃子定食もしっかり試してきました。
posted by その時武蔵は少し慌てた at 11:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。